先生が間近にいるので集中して勉強できる

生徒が間近にいることと生徒の意識

個別指導塾とは集団で多くの生徒が授業を受ける形式とは違い、生徒一人に対して先生も一人というマンツーマンスタイルだったり、先生一人に対して少数の生徒というスタイルのことをいいます。集団での授業は授業内容が決まっていることに対して、個別指導塾は個々の学習の進み具合に合わせた指導や生徒や保護者の要望等を受けて授業内容を決定するなど、その学習方法は多岐にわたります。個別指導塾はまさに生徒一人一人に合わせたオーダーメイドであるといえるのです。そのため積極的にわからないことを先生に聞くことが苦手な生徒でも、間近に先生がいることにより集中して勉強ができますし、わからないことをわからないままにせずその場で質問をして理解することができます。

基礎に戻って学習しなおせる

個別指導塾の強みは学習を前に進ませるだけではなく基礎に戻り、やり直すことができる点です。集団での授業は個々の学習の理解度や進み具合などはあまり関係がなく、学習を進めることでその都度わからないことを授業後に個別に聞くというスタイルです。みんなについていこうという闘争心が学習意欲につながったり、生徒同士が仲間でありながらライバルとしても支え合うことができるなど、集団での授業には向いている生徒もメリットもあります。一方で個別指導塾は進むだけではなく戻る、という勇気とわからないことに対して目を向けるといった積み重ねができます。先生が身近にいるからこそ個人個人に目を向け、このようなことができるといえます。

高校受験の個別指導は、学校の授業や集団での授業に付いていけていない、苦手科目が克服できない、そんな悩みを持つ中学3年生にお勧めの指導法です。