授業のマニュアルがある

成績向上に重要な個性に合わせたマニュアル

個別指導塾は、先生の熱意が直接生徒に伝わる指導法ではありますが、残念ながらそれだけでは、成績アップにつながるとは限らないのが現状です。そこで必要となるのがマニュアルの存在です。いろいろなタイプの生徒が存在するので、単に熱血教育をしたからと言って成績が向上するほど、簡単ではありません。例えば、やる気はあっても、今までの学習が曖昧な状態の生徒もいれば、何度も繰り返してようやく覚えられる生徒もいます。その個性を理解し、それぞれの学習方法で指導をしていくために、マニュアルが必要となるのです。もちろん熱意も必要ですが、一人一人に合わせた効率よい学習方法を用いて、成績を向上させるための技術も必要となります。

マニュアルは進化をし続ける

実際にどのようなマニュアルが存在するのでしょうか。それは、その個別指導塾により異なりますが、先生の試行錯誤によって生まれたものであることは間違いありません。様々なタイプの生徒と接する中で、どのようなタイプの子が、どのような方法によって成績が向上したのかというデータを蓄積する作業を積み重ねていきます。そのデータを明文化してマニュアルを作り上げています。それはとても地道な作業ですが、直接生徒と個別にしっかりと関わることでしか成しえない事でもあります。常に進化をし続けるマニュアルでもあると言えるでしょう。効果的な新たな学習方法が見つかれば、マニュアルとしてデータを更新し続けることになります。これは、個別指導塾の大きな魅力でもありますよね。

中学受験の個別指導を専門とする塾は、国語や算数など基本の教科の授業だけでなく、志望校に応じて面接や作文などの対策に力を入れているところが多くあります。