学力が高い講師が多く在籍している

個別指導は講師の影響が大きい

学力が向上すると評判の個別指導塾には、学力の高い講師が数多く在籍しています。勉強を教えるには個人の学力よりも指導力が大事ではないか、と考える人もいるでしょう。ですが、講師が高い学力を持っていることによって生徒の学力も向上しやすくなるという説も根強いものがあります。理由のひとつとして挙げられるのが、個別指導は生徒一人ひとりに向き合うマンツーマン形式であるため、講師からの影響をとても大きく受けるということです。学力の高い講師と密に接することで、会話の端々などから、学力の高い人の勉強への取り組み方、生活態度などの知識が自然とたくわえられ、身についていくというわけです。学力の高い人のまねをすることによる効果、と言い換えてもいいでしょう。

良い授業には高い学力が必要

もうひとつ大きな理由として挙げられるのは、理解できることと教えられることは別、ということです。何かを人に教えるとき、自分がよく知っていて完全に習得していることであれば、どんな疑問をぶつけられても完全に答えられるし、相手が納得するまで教えることができるでしょう。勉強もこれと同じで、何かを教えるときには、教える内容よりもはるかに高い学力が必要になるというわけです。全国的に有名な進学校の教員は超高学歴ぞろいなことで知られていますが、これは高度な授業を行うにはそれをはるかに上回る高度な学力が必要であるということにほかなりません。

そのような理由で、学力が向上すると評判の個別指導塾には、学力の高い講師が数多く在籍しているのです。

中高一貫の学校では高校2年生でほぼ履修が終わっているので、中高一貫の塾では大学受験に向けて高校3年生の1年間を受験対策だけの時間を作ってくれます。